日焼け止めを落とさないで寝るとどうなる?肌への悪影響を解説!

ぽっぽ

疲れすぎて日焼け止めを落とさずに寝てしまったんだけど大丈夫かな?

最悪です。

日焼け止めは時間がたつとただの汚れ。

今回は日焼け止めを落とさないとどうなるのかについて解説。

どんなにクタクタでも日焼け止めを落としてから寝ることをおすすめします。

この記事を書く僕は、現役医学生。2023年には医師国家試験を受験予定です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者
ぽっぽ(@poppo_med)
目次

日焼け止めを落とさないとどうなる?

肌荒れがする

化粧を落とさずに寝ると肌に良くないというのは聞いたことがあるかと思います。

実は日焼け止めも同じです。

日焼け止めの成分は1日たつと肌の炎症の原因となり、

  • 赤くなる
  • かゆい
  • ヒリヒリする

という症状が起こります。

ニキビができる

日焼け止めを塗ると毛穴がふさがった状態になります。

菌が毛穴に詰まったままだと、ニキビができやすくなってしまいます。

シミができる

日焼け止めが長時間のっていると、肌にはストレスです。

肌はストレスを受けると、ターンオーバーという肌の生まれ変わりのサイクルが遅くなります。

ターンオーバーが乱れると肌の色素が排出されるのが遅くなり、シミとなって沈着してしまいます。

シワ・たるみができる

日焼け止めを塗ると皮膚が乾燥します。

水分が奪われて肌が乾燥すると、肌のキメが乱れて細かいシワやたるみができてしまいます。

もし日焼け止めを落とさず寝てしまったら

起きてすぐにクレンジング

やばい!と思ったらとにかくすぐ落としましょう。

落とす時のポイントはとにかくこすらないこと。

ゴシゴシしなくても、クレンジングをのせるだけで十分落ちます。

ぽっぽ

こするとさらにダメージが重なるので注意。

日焼けどめを落としたらすぐ保湿

洗ったらすぐ保湿。

とにかく日焼け止めのせいで乾燥しまくってるのでしっかり保湿してあげてください。

栄養と睡眠で肌を回復させる

クレンジングと保湿をしたら、後は栄養とって寝るだけです。

スキンケアにおいて睡眠は一番の基本です。

寝ている間に肌は再生します。

肌荒れしても諦めずにじっくり治していきましょう。

めんどくさいという人にはせっけんで落ちるタイプの日焼け止め

ぽっぽ

いちいちクレンジング使うのめんどくさい、、

という方がまずチェックすべきは、

  • クレンジング不要
  • せっけんで落とせる

という項目がパッケージに書いてあるかどうか。

いつもの洗顔やボディソープで落とせるので、お風呂で簡単に落とせます。

紫外線の防御効果が少し低めなのがデメリットですが、落とさずに寝てしまうよりいいかと思います。

【まとめ】日焼け止めは帰宅後すぐに落とすのが基本!

紫外線から肌を守るために日焼け止めは必須。

しかし、肌を守ってくれる日焼け止めも時間がたつと肌トラブルの原因になってしまいます。

日焼け止めとクレンジングはセットで購入してください。

家に帰ったらすぐ日焼け止めを落とすくらいの気持ちで、落とし忘れのないようにしましょう。

僕のおすすめは、のマイルドクレンジングオイル。

約30回使えるトライアルボトルが税込500円で買えちゃいます。

わりと低刺激で使いやすく、コスパが最高なので良ければ一度使ってみてください。

\ クリックで公式サイトへ /

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【美容×医学のブロガー】読者さんを美肌にする|偏差値70overの国立大学医学部|5年生|メンズ美容

資格
・Student Doctor
・日本化粧品検定3級
 (日本化粧品検定1級:5月受験予定)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる