【脱・初心者】クレンジングと洗顔の違いはこれさえ押さえればOK

ぽっぽ

クレンジングと洗顔ってどう違うの?メイク落としとは別?

今回は、こんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • クレンジングと洗顔の違い
  • クレンジングと洗顔の順番
  • 「W洗顔不要」とは何か

この記事を書く僕は、現役医学生。2023年には医師国家試験を受験予定です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者
ぽっぽ(@poppo_med)

顔の洗浄剤には、「クレンジング」と「洗顔料」の2種類あります。スキンケア初心者のころは、違いがよくわかりませんよね。

とはいえ、どちらも正しい使い方をしないと肌に負担がかかってしまうので、2つの違いをしっかりと理解しておく必要があります。

そこで今回は、クレンジングと洗顔の違いについて解説します。

「W洗顔不要」の意味についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください!

目次

クレンジングと洗顔の役割の違い

「クレンジング」と「洗顔」の違いを簡単に説明すると、以下の通りです。

  • クレンジング:洗顔料では落ちない汚れを落とす、強力な洗浄
  • 洗顔:主にせっけんを使った、一般的な洗浄

ちなみに、クレンジングとメイク落としはほぼ同じと考えてOKです!

以下で、違いを詳しくチェックしていきましょう。

クレンジングの役割

クレンジングとは一般的に、普通の洗顔では落ちないような汚れを落とすために使われます。

例えば、以下のようなものですね。

  • ファンデーション
  • アイライン
  • 口紅
  • 日焼け止め
  • 毛穴汚れ

これらは主に油分で構成されており、水には溶けにくいものばかりです。

「油分は油分に溶かして落とす」ことが基本になるため、クレンジングが必要になります。

ぽっぽ

油汚れを一気に落としてくれるのがクレンジングです!

とはいえ、クレンジングは洗浄力が強い分、肌への負担も大きいことがしばしば…。

正しい使い方をすることが重要です。

洗顔の役割

洗顔は、多くの方がイメージする通りです。

洗顔といっても、水だけで行うものから、洗顔料を使ったしっかりしたものまで様々ですが、いずれにせよ顔を洗うという行為に変わりありません。

基本的に、クレンジングはメイクや日焼け止めを塗る人だけすればOKですが、洗顔は全ての人が行うべきであるところが特徴でしょう。

洗顔をきちんとマスターしないと美肌にはなれません。

クレンジングと洗顔をする順番

それでは、クレンジングと洗顔をするタイミングについてお話します。

クレンジングと洗顔の順番

  1. クレンジング
  2. お風呂・洗顔
  3. 保湿

この順番が正解です!以下で詳しく解説します。

STEP①クレンジング

クレンジングは、必ずお風呂に入る前に行いましょう。

というのも、お風呂で濡れてしまうと、クレンジングと油分がうまく混ざらず、汚れが落ちなくなるからです。

肌の一番表面にあるメイク汚れを、クレンジングで最初に落としましょう!

STEP②お風呂・洗顔

洗顔のタイミングについては様々ですが、僕はお風呂の最後に洗顔することをおすすめしています。

理由は2つ。

  1. シャンプーやお湯で顔が汚れる
  2. 洗顔後すぐに保湿できる

洗顔した後にシャンプーをすると、せっかくキレイになったのにまた顔が汚れてしまいます。

また、ゆっくり湯船につかっていると、お風呂から出るころには顔は乾燥しています。

ぽっぽ

お風呂から出る直前に洗顔するのがおすすめです。

STEP③保湿

洗顔後は必ず保湿。クレンジングをしない朝でも保湿は徹底してください。

洗顔は良くも悪くも肌のバリア機能を破壊する行為。

ぽっぽ

しっかり保湿して肌を守ってくださいね。

クレンジングの「W洗顔不要」って何?

最後に、クレンジングによく記載されている、「W洗顔不要」という意味について解説します!

そもそもW洗顔とは、クレンジングと洗顔料で合計2回顔を洗うこと。

「W洗顔不要」と書かれたクレンジングは、クレンジングと洗顔料の2つの役割を兼ね備えており、その後の洗顔が不要です。

「W洗顔不要」のクレンジングがおすすめな人

「W洗顔不要」のクレンジングがおすすめできるのは、以下の人です。

  • 乾燥肌・敏感肌の人
  • メイクが薄い人

乾燥肌・敏感肌の人は、なるべく洗顔回数を減らして顔との摩擦を少なくしたい。

また、メイクが薄い人は「W洗顔不要」のクレンジングで十分洗顔することができます。

ぽっぽ

肌への負担が減るのでおすすめです!

「W洗顔不要」のクレンジングをおすすめしない人

逆に、「W洗顔不要」のタイプだと合わない人は以下です。

  • オイリー肌(脂性肌)の人
  • メイクが濃い人

オイリー肌の人は、一度のクレンジングで顔の汚れを落としきることが難しいです。

メイクが濃い人も同様で、しっかりと洗顔まで行った方がよいでしょう。

まとめ:クレンジングと洗顔を上手く使い分けよう

今回は、クレンジングと洗顔の違いについて解説しました。

クレンジングと洗顔はそもそも役割が全く違います。

ぽっぽ

正しく使い分け、肌への負担を減らしましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【美容×医学のブロガー】読者さんを美肌にする|偏差値70overの国立大学医学部|5年生|メンズ美容

資格
・Student Doctor
・日本化粧品検定3級
 (日本化粧品検定1級:5月受験予定)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる