【全5種類】クレンジングは落とす汚れによって使い分けが必須!

ぽっぽ

クレンジングって色々種類があるけどどれを使ったらいいの?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • クレンジングは主に5種類
  • 特殊な形状のクレンジング
  • クレンジングの選び方

この記事を書く僕は、現役医学生。2023年には医師国家試験を受験予定です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者
ぽっぽ(@poppo_med)

クレンジングは、形状によって主に5種類に分けられます。

それぞれ洗浄力や肌への負担が異なるので、それぞれのメリット・デメリットを把握しておくことが必要になります。

そこで今回は、クレンジングの種類について詳しく解説していくので、購入の際の参考にしてみてください。

目次

クレンジングの種類は主に5種類

クレンジングの種類は、形状や成分構成によって主に5種類に分けられます。

クレンジングの種類

  1. クレンジングオイル
  2. クレンジングジェル
  3. クレンジングクリーム
  4. クレンジングミルク
  5. クレンジングローション

自分の落としたい汚れに合わせて、上記5種類をうまく使い分けるのがポイント。

ぽっぽ

基本的に油性成分が多いほど洗浄力が強く、肌への刺激も大きいです!

では、以下で順番にチェックしていきます。

クレンジングオイル

ほとんどが油性成分で、洗浄力が高め。メイク汚れを油分に溶かして落とします。

少しマニアックな話になりますが、使われている油性成分により、使用感が変わります。

代表的なものは主に以下の3種類です。

油性成分の種類

  1. 炭化水素油系オイル
  2. エステル油系オイル
  3. 油脂系オイル

この中でもおすすめなのは油脂系オイル。

油脂系オイルは動植物から作られたオイルで、皮脂に近い構成です。そのため、多少肌にのっていても刺激が少ないというのが特徴。

ぽっぽ

成分表示に、「オリーブ果実油」、「コメヌカ油」、「アルガニアスピノサ核油」などと書かれています!

クレンジングジェル

クレンジングオイルよりも水性成分が多めです。

比較的洗浄力は高めで、オイルよりもしっとりするのが特徴。

なお、クレンジングジェルは汚れの落とし方によって2種類に分かれます。

  1. (油系)クレンジングジェル
  2. (水系)クレンジングジェル

水系のジェルの方が洗浄力が低い分、肌への負担が少ない傾向にあります。

クレンジングクリーム

クリーム状のクレンジング。洗浄力は中程度ですね。

洗浄力がそこそこ高いわりには刺激が少ないのが特徴ですが、長時間肌にのせるのはおすすめしません。

ぽっぽ

「マッサージにもおすすめ」と書いていることもありますが絶対にやめてください!

クレンジングミルク

水性成分が多く、洗浄力はマイルド。薄いメイクを落とすのに向いています。

ぽっぽ

使用後のさっぱり感が特徴です!

クレンジングローション

洗浄力が弱く、シートにしみこませたりして使います。

ふき取って使うことが多いため、結局肌ダメージが多くなりがちなのがデメリット。

なるべくこすらず、上から押さえるだけで汚れが落ちるものを選ぶと良いです!

特殊な形状のクレンジング

以下では、特殊なクレンジングを2つ紹介します。

  1. クレンジングバーム
  2. クレンジングシート

上記2つのクレンジングは、基本の5種類から少し手を加えたものです。

基本的にはあまり変わらないので、ついでにサクッと紹介しておきます!

クレンジングバーム

クレンジングバームは、クレンジングオイルの仲間です。

オイルを固めて作られたもので、手に取って温めると液体になります。

ぽっぽ

クレンジングオイル同様、洗浄力が高いのがポイントですね!

クレンジングシート

クレンジングローションを不織布のシートにしみこませたものです。

クレンジングがすでに含まれているので、使い方が簡単。

ぽっぽ

ゴシゴシこすらず、肌にあてるだけで十分です!

クレンジングの種類の選び方

それでは、クレンジングの選び方について解説します。

クレンジングは、どんなメイクや汚れを落としたいかによって選びます。

クレンジングの目安

  1. オイル・バーム:濃いメイク、ウォータープルーフの日焼け止め
  2. ジェル・クリーム・ミルク:薄いメイク、BBクリーム
  3. ローション、シート:目元などのポイントメイク

いくら肌が弱いからといって、弱い洗浄力のクレンジングを使うと、きちんと汚れが落ちません。

落ちないからゴシゴシこすって落とそうとすると、逆に刺激を加えてしまいます。

ぽっぽ

乾燥肌だからといって、ミルクやクリームで濃いメイクを落とすのはNG!

男性はクレンジングオイル一択

男性が使うならクレンジングオイルがおすすめです。

基本的に男性がクレンジングをするのは、ウォータープルーフの日焼け止めを落とすときですよね。洗浄力の強いクレンジングオイルで落とすのが一番です。

肌をこすらず使え、短時間で流すと負担が少ないこともポイント!

クレンジングの種類は本当に豊富ですが、今回紹介した特徴を思い出し、自分に合うクレンジングを見つけてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【美容×医学のブロガー】読者さんを美肌にする|偏差値70overの国立大学医学部|5年生|メンズ美容

資格
・Student Doctor
・日本化粧品検定3級
 (日本化粧品検定1級:5月受験予定)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる