【コットンvs手】化粧水のつけ方のメリット・デメリット徹底比較

ぽっぽ

化粧水はコットンと手どっちで塗ればいいの?

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 【結論】化粧水はコットンより手で塗るべき
  • 化粧水をコットンで塗るメリット・デメリット
  • 化粧水を手で塗るメリット・デメリット
  • 化粧水のつけ方に関するよくある質問

この記事を書く僕は、現役医学生。2023年には医師国家試験を受験予定です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者
ぽっぽ(@poppo_med)

化粧水はコットンか手で2つの塗り方があります。

結論から言うと、スキンケア初心者は手で塗るのがおすすめです。

今回は、手とコットンのメリット・デメリットをそれぞれ紹介したうえで、手で塗るのをおすすめする理由について解説していきます!

目次

【結論】化粧水はコットンより手でつけるべき

【結論】化粧水はコットンより手でつけるべき

冒頭でもお伝えした通り、スキンケア初心者は化粧水を手で塗るのがおすすめです。

というのも、コットンは使うのにコツが必要なので、初心者には少し難しいからですね。

おすすめの化粧水のつけ方

  • 中級者以上:コットン
  • 初心者:手のひら

手でつける際の注意点としては、「清潔な手でつける」ということのみ。

コットンを使い慣れていない男性にとっても、気を付けるのが1点だけなら簡単です。

コットンでつける際の注意点はいくつかあるので、初心者にとってはハードルが高いんですよね。

これらを踏まえたうえで、コットンと手のひらそれぞれのメリット・デメリットについて以下で理解を深めていきましょう。

化粧水をコットンでつけるメリット・デメリット

化粧水をコットンでつけるメリット・デメリット

まずは、化粧水をコットンでつけるメリット・デメリットを紹介していきます。

化粧水をコットンでつけるメリット

化粧水を手でつけるメリットは、以下の通り。

  1. 顔の細かい部分につけやすい
  2. 均一にのばしやすい

コットンを小さくトントンと動かしていくので、顔の細かい部分までしっかり化粧水をつけることができます。

また、ムラなく塗ることができるのもコットンの利点と言えるでしょう。

化粧水をコットンでつけるデメリット

一方、化粧水をコットンでつけるデメリットは以下の通り。

  1. 化粧水の使用量が多くなる
  2. コストがかかる
  3. 摩擦しやすい

化粧水をコットンでつける際には、ヒタヒタになるまで液をしみこませて使います。

そのため、手でつけるより、化粧水の減りは当然早くなりますよね。

コットンを買い替えることを考えるとコストもかかります。

ぽっぽ

コスパを求めるなら、手でつけるのがおすすめです。

また、ついコットンで肌をこすってしまいがちなので、摩擦しないよう注意が必要です。

化粧水を手でつけるメリット・デメリット

化粧水を手でつけるメリット・デメリット

次に、化粧水を手でつけるメリット・デメリットを紹介していきます。

化粧水を手でつけるメリット

化粧水を手でつけるメリットは以下です。

  1. 肌への刺激が少ない
  2. 化粧水の使用量が少ない
  3. 簡単

手でつつみこむようにつけることで、肌への刺激をおさえることができます。

また、コットンに吸収されることがない分、化粧水の使用量が少なくすむし、なにより簡単です。

ぽっぽ

初心者にはうれしいポイントですね!

化粧水を手でつけるデメリット

化粧水を手でつけるデメリットは以下です。

  1. 清潔な手でしなければいけない
  2. ムラになりやすい

手でつける際に注意しなければならないのが、キレイな手で行うこと。

汚い手で行うとニキビの原因になったりするので、必ず手を洗ってからにしてください。

なお、均一につきにくいのが難点ですが、水分を与えることができれば多少ムラがあってもかまいません。

ぽっぽ

多めについても蒸発するので、最終的にはほとんど変わらないでしょうね。

化粧水のつけ方に関するよくある質問

化粧水のつけ方に関するよくある質問

最後に、化粧水のつけ方についてよくある質問に答えていきます。

コットンでつけた方が肌に浸透しやすいって本当?

ほとんど変わりません。

というのも、たしかに化粧水をつけた直後はコットンの方が水分量が多いものの、時間がたてばほとんど変わらないことが多いからです。

コットンを販売している会社や大手メーカーが、「コットンでつけた方が浸透しやすい」という論文を提出していますが、あまり信用できるものではないかと思います。

手でつけると化粧水が手に吸収されるって本当?

ありえません。

肌の角層にしみこむ水分の量はある程度決まっているので、化粧水がなくなるほど吸収されることはないです。

むしろ、コットンの方が化粧水を多く吸収しているので、手でつけた方が化粧水の使用量は少なくなります。

まとめ:化粧水はコットンよりも手でつけるのがおすすめ

まとめ:化粧水はコットンよりも手でつけるのがおすすめ

今回は、化粧水をコットンと手のひらでつけるメリット・デメリットについて解説しました。

それぞれの特徴をまとめると、以下の通りです。

メリットデメリット
コットン・細かい部分につけやすい
・均一にのばしやすい
・化粧水の使用量が多い
・コストがかかる
・摩擦しやすい
手のひら・肌への刺激が少ない
・化粧水の使用料が少ない
・簡単
・清潔な手で行う
・ムラになりやすい

というわけで、スキンケア初心者は手でつけるのがおすすめです。

肌への浸透しやすさはそこまで変わらないので、最終的には自分の好みで選んでみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【美容×医学のブロガー】読者さんを美肌にする|偏差値70overの国立大学医学部|5年生|メンズ美容

資格
・Student Doctor
・日本化粧品検定3級
 (日本化粧品検定1級:5月受験予定)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる