エタノール配合の化粧水を避けるべき人の特徴3選【怖がる必要ナシ】

ぽっぽ

化粧水のエタノールって肌に悪いの?作用や注意点について知っておきたい…。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • エタノールは濃度が1%以下ならほとんど刺激なし
  • エタノールによる5つの働き
  • エタノール配合の化粧水を避けるべき人の特徴3選
  • エタノールフリーのおすすめ化粧水

この記事を書く僕は、現役医学生。2023年には医師国家試験を受験予定です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者
ぽっぽ(@poppo_med)

エタノールは1つで多くの働きを持ち、特徴を理解していればそこまで意識して避けるべき成分ではありません。

とはいえ、やはりエタノールフリーの化粧水を使用した方がいい人はある程度存在します。

そこで今回は、エタノールの働きや注意点について詳しく解説していきます。

エタノールフリーのおすすめ化粧水も紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

目次

化粧水のエタノールは濃度が1%以下ならほとんど刺激なし

化粧水のエタノールは濃度が1%以下ならほとんど刺激なし

エタノールは肌に悪いからといって、絶対に避けるべき成分というわけではありません。

というのも、配合されている濃度が1%以下なら、基本的には刺激に感じることがないからです。

パッケージの成分表示を見たときに、下の方に書かれているなら大丈夫なことが多いです。

エタノールは、水に溶けにくい成分を溶かすなど様々な働きがあり、多くの製品に配合されています。

ぽっぽ

選べる化粧品が少なくなってしまうので、特に刺激に感じないなら気にしない方がいいですね。

化粧水のエタノールによる5つの働き

化粧水のエタノールによる5つの働き

では、エタノールの作用について5つ紹介していきます。

  1. 殺菌作用
  2. 清涼作用
  3. 収れん作用
  4. 防腐作用
  5. 可溶化作用

それぞれ解説していきます。

殺菌・防腐作用

エタノールの1つ目の特徴は、殺菌作用があることです。

化粧水の中で雑菌が繁殖するのを防ぎます。

ぽっぽ

アルコール消毒みたいなものです。

雑菌だらけの化粧水を顔につけたくないですよね。

清涼作用

エタノール配合の化粧水をつけた時にスースーするのは、この清涼作用によるものです。

少しでも入れるとサッパリ感が出るので、べたつきやすい化粧品にはよく配合されています。

ぽっぽ

特に、皮脂が多い男性向けの化粧品に良く配合されています!

収れん作用

エタノールの3つ目の特徴は、収れん作用があることです。

収れん作用とは、毛穴を一時的に引き締め、汗や皮脂の分泌を抑える働きのこと。

エタノールが蒸発するときに皮膚の温度が下がるため、毛穴が引き締められます。

可溶化作用

エタノールの4つ目の働きは、水に溶けにくい成分を溶解させられるというものです。

これを可溶化作用と言います。

ぽっぽ

植物エキスを抽出する際にも使われています!

清浄作用

エタノールの5つ目の作用として、清浄作用があります。

清浄作用は、顔に残った皮脂やメイクなどを浮かして取り除く働きのこと。

ぽっぽ

ふきとり化粧水として使われます。

ちなみに、ふきとり化粧水はクレンジングの後にコットンにしみこませて行うもので、欧米由来のスキンケアです。

エタノール配合の化粧水を避けるべき人の特徴3選

エタノール配合の化粧水を避けるべき人の特徴3選

エタノールは様々な働きがあるとはいえ、やはり避けた方がいい人は存在します。

エタノールを避けた方がいい人

  1. 刺激に弱い人
  2. お酒に弱い人
  3. 乾燥肌の人

以下で深掘りしていきます。

刺激に弱い人

過去に一度でもエタノールでアレルギーが出たことがあるなら、避けた方が無難です。

というのも、まれに微量でも肌荒れしてしまう人がいるからです。

1%以下の濃度なら刺激になることは少ないと言いましたが、敏感肌では何が刺激になるかわからないので注意。

お酒に弱い人

エタノールは一種のアルコール。

お酒に弱い人も、エタノール配合の化粧水を避けた方がいいです。

  1. パッチテストでアルコールに弱いとわかっている
  2. お酒ですぐに赤くなる

以上の人は、エタノールフリーの化粧水を選びましょう。

乾燥肌の人

エタノールは乾燥の原因になることがあります。

というのも、エタノールは蒸発する際に皮膚の熱と水分をうばうからです。

スースーして気持ちいいですが、乾燥の原因になるので注意。

エタノールフリーのおすすめ化粧水

エタノールフリーのおすすめ化粧水

敏感肌・乾燥肌の人に向けて、エタノールフリーのおすすめ化粧水について紹介します。

僕のおすすめは、です。

ファンケルのモイストリファインは、保湿力に特化した化粧水。

そして一番の魅力は、「刺激の少なさ」です。

成分を見ても余計なものは入ってなさそうですし、口コミを見ても刺激に感じたという人はほとんどいませんでした。

ぽっぽ

サイズがかなり小さく感じますが、バシャバシャつけるものでもないのでちょうど良いです。

公式サイトで1ヶ月分の「化粧水・乳液」のセットがお試しで販売されています。(税込2100円)

ちなみに、お試しセットにはクレンジングオイルや毛穴用パックも付いてきます。日焼け止めを落とすのに使ったり、毛穴汚れが気になるときに使ってみてください。

肌が弱く荒れやすい方は、しっかりとうるおいを与えることが必須。

いろんな化粧水を試してみたけどピリピリして合わなかったという方には、ファンケルがおすすめです!

おすすめポイント

  1. 圧倒的に刺激が少ない
  2. 保湿力が高い
  3. 毛穴ケアもできる

まとめ:化粧水のエタノールは正しく知れば怖くない

まとめ:化粧水のエタノールは正しく知れば怖くない

今回は、化粧水に含まれるエタノールについて解説しました。

エタノールには様々な働きがあり、化粧水作りにおいて重要な成分です。

ぽっぽ

正しい知識があれば、むやみに怖がる必要はありません。

とはいえ、敏感肌・乾燥肌の方は注意が必要なので、化粧水選びの際に意識してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【美容×医学のブロガー】読者さんを美肌にする|偏差値70overの国立大学医学部|5年生|メンズ美容

資格
・Student Doctor
・日本化粧品検定3級
 (日本化粧品検定1級:5月受験予定)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる