【必読】美肌医学生が押さえている正しい洗顔のやり方5ステップ

ぽっぽ

洗顔って色々ありすぎてよくわからない。正しいやり方を教えてほしい…。

今回はこんな悩みを解決します。

本記事の内容

  • 洗顔に必要な2つのアイテム
  • 正しい洗顔の5ステップ
  • 肌タイプ別洗顔料の選び方

この記事を書く僕は、現役医学生。2023年には医師国家試験を受験予定です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者
ぽっぽ(@poppo_med)

スキンケアの基本は正しい洗顔からです。

どれだけ高い化粧水を使っても、きちんと洗顔できないと美肌にはなれません。

そこで今回は、洗顔するのに必須なアイテムを2つ紹介したうえで、具体的な洗顔のやり方について徹底解説していきます!

目次

洗顔に必要なアイテム2つ

洗顔に必須なアイテムは以下の2点。

  1. 泡立てネット
  2. フォームタイプの洗顔料

それぞれ深掘りしていきます。

①泡立てネット

「泡で洗う」という感覚が文字通り味わえます。

「泡立てネットなんて使ったことないよ」という方は多いと思います。男性だと特に。

しかし、泡立てネットは必須です。

泡立てネットを使うと、誰でも簡単にきめ細かいフワフワの泡を作ることができます。

泡がフワフワということは、それだけ顔をこすらずに洗えるということ。

ぽっぽ

つまり、ネットを使うだけで、肌が傷つきにくくなると言えます!

②フォームタイプの洗顔料

洗顔料といっても、形状によっていくつか種類があります。

僕がおすすめするのはフォームタイプの洗顔料です。

フォームタイプの洗顔料は、歯磨き粉のようにチューブ型容器に入っている洗顔料。

フォームタイプのメリット

  • 最も一般的で、種類が多い
  • 少量で泡立つからコスパが良く、価格も安い
  • 泡で出てくるタイプよりもきめ細かい泡を作れる

ネットを使うと簡単に泡立てられるうえ、種類が豊富で自分に合う洗顔料を見つけやすいです。

ぽっぽ

とりあえずフォームタイプの洗顔料を選んでおけば間違いないですね!

正しい洗顔の5つの手順

では、正しい洗顔の具体的な手順をチェックしていきましょう。

正しい洗顔をするための5ステップ

  1. 手を洗う
  2. ネットを濡らし、洗顔料をつける
  3. ネットを動かし、泡立てる
  4. 泡を顔にのせ、手が肌にふれないように洗う
  5. 短時間で洗い流す

順番に説明していきます。

STEP①手を洗う

洗顔前に手を軽く洗います。

ぽっぽ

手が汚いと意味ないですからね。

STEP②ネットを濡らし、洗顔料をつける

一度ネットをぬらし、洗顔料を適量のせます。

どれくらい使うかは洗顔料によって異なります。

パッケージに適量が書いてあることが多いですが、だいたい1cm程度が目安です。

STEP③ネットを動かし、泡立てる

空気を含ませるように、ネットを大きく動かしましょう。

というのも、空気が少ない泡よりも多い泡の方が肌に密着しやすく、汚れをしっかりと落としてくれるからですね。また、大きい泡が作れるので肌を摩擦しにくくなります。

なお、初心者がやりがちなのは、ネットを細かくゴシゴシとこすることです。

動きが小さいと、空気が泡の中に入り込めません。

STEP④泡を顔にのせ、手が肌にふれないように洗う

いよいよ泡を顔にのせていきます。

重点的に洗うポイントは、ズバリ皮脂の多いところです。具体的には、Tゾーンと呼ばれるおでこや鼻。

その後、手のひらで顔を包むように、やさしく顔全体に泡をつけてください。

この時、ゴシゴシと肌をこすらないことが重要。

ぽっぽ

ふれた瞬間、泡が皮脂を吸着してくれるので、手のひらで押すだけで十分です。

STEP⑤短時間で洗い流す

10秒ほどつけたら、すぐに泡を洗い流しましょう。

長時間洗顔料がついていると、大切な皮脂まで取り除かれてしまいます。

肌を守る皮脂まで取り除かれると、バリア機能が低下してしまうので、なるべく短時間で洗い流すことがコツ。

ぽっぽ

生え際などに洗い残しがないよう、しっかりすすぎましょう。

肌タイプ別おすすめの洗顔料

最後に、肌タイプ別に洗顔料を選ぶ際のポイントを紹介します。

オイリー肌(脂性肌)の方

洗顔料選びのポイント

  • 洗浄力:しっかりと皮脂を落としてくれること
  • 保湿力:汚れを落とすだけでなく、乾燥しにくいこと

顔の汚れがしっかりと落ちるだけでなく、顔の水分がある程度保たれることも重要です。

男性向け洗顔料では、皮脂がごっそりと落ちるとうたうものもありますが、正直的外れです。

乾燥肌の方

洗顔料選びのポイント

  • 洗浄力:マイルドな洗浄力で、肌が乾燥しにくいこと
  • 保湿力:保湿成分が多く配合されていること

「洗い流すから意味ないじゃん」と思う方もいるかもしれませんが、洗顔料に保湿成分が入っていることも重要です。

というのも、保湿成分があると、過度に皮脂が取り除かれることを防ぎ、やはり無いよりも潤いやすいからですね。

まとめ:正しい洗顔で美肌をめざそう!

今回は、正しい洗顔のやり方について紹介しました。

まずは今すぐ泡立てネットを購入し、準備に取り掛かりましょう。

なお、手順を細かく分けましたが、慣れれば無意識にできるようになります。

ぽっぽ

もこもこの泡が作れると楽しくなるので、ぜひ試してみてくださいね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【美容×医学のブロガー】読者さんを美肌にする|偏差値70overの国立大学医学部|5年生|メンズ美容

資格
・Student Doctor
・日本化粧品検定3級
 (日本化粧品検定1級:5月受験予定)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる