化粧水を使わない方が美肌はウソ!医学生が3つの理由で反論

ぽっぽ

化粧水を使わない方が美肌になるって聞いたんだけど本当かな?

全員ではありませんが、ほとんどの日本人は化粧水が必要な肌質です。

「化粧水は不要、保湿剤だけで十分」と言われますが、保湿のためには化粧水が必要です。

今回は、化粧水が不要だと言う方の根拠と、それに対する反論をまとめました。

当ページを読み、安心して化粧水を使ってください。

この記事を書く僕は、現役医学生。2023年には医師国家試験を受験予定です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者
ぽっぽ(@poppo_med)
目次

日本人は化粧水が必要!

ぽっぽ

化粧水はどんな人でも必要なの?

化粧水が必要かどうかは肌質によります。

実は、多くの日本人は化粧水が必要な肌質なんです。

日本人は欧米人に比べ、肌の角質層が薄く、水分を保持する力が弱い。

だから化粧水で水分を補給することが必要なんです。

そもそも、化粧水が不要という話はアメリカの学会から来ています。

ぽっぽ

そのまま日本人に当てはめちゃいけないんだね。

化粧水は使わない方がいいと言われる3つの根拠

根拠①:化粧水はほとんど水だからすぐに蒸発してしまう

1つ目の根拠が以下です。反論①で解説します。

化粧水の成分はほとんど水。

すぐに蒸発してしまい、余計に乾燥してしまう。

化粧水をつけるくらいなら何もつけない方がいい。

根拠②:化粧水は角質層までしか浸透しないから意味がない

2つ目の根拠が以下。反論②で解説します。

元々肌にはバリア機能があり、水分が入ってこないようになっている。

化粧水をつけても、肌の表面の角質層までしか浸透しない。

肌をうるおすには、内側から水分を取る必要がある。

そもそも、角質層は死んだ細胞の集まり。水分を与える意味がない。

根拠③:化粧水を使わず、皮脂膜を補う保湿剤だけでいい

3つ目の根拠が以下。反論③で解説します。

化粧水は油分がほとんどなく、皮脂の状態とは全然違う。

ワセリンやオイルなど、油分を与える保湿剤だけで十分だ。

化粧水を使った方がいい3つの反論

反論①:乳液で水分の蒸発は防げる

化粧水の正しい使い方は、乳液とセットで使うこと。

たしかに化粧水だけしか使わないと、すぐに水分は蒸発してしまいます。

水分の蒸発を防ぐために乳液があるんです。

化粧水と乳液をセットで使い、水分と油分のバランスを整えることが目的です。

ぽっぽ

化粧水だけを使用することは想定されていません。

反論②:角質層にも水分が必要

角質層は、正常な状態だと15~20%の水分を含んでいます。

適切な水分量が保たれているからこそ、刺激から体を守ることができます。

たしかに角質層は死んだ細胞の集まりですが、水分を与えなくてよいわけではありません。

内側からの水分補給と同じかそれ以上に、外側からの保湿も大事なのです。

反論③:油分だけ足してしまうと、ニキビができやすい

化粧水を使った後は乳液で油分を補給します。

油分はたしかに大事ですが、多すぎるとかえってニキビができる原因になってしまいます。

特に日本人の肌は水分が少なく皮脂が多い。

ぽっぽ

油分だけでなく、化粧水で水分を補給することが必要です。

【まとめ】化粧水を使って正しい保湿をしよう

化粧水が不要な方もいますが、ほとんどの日本人は化粧水が必須です。

洗顔で顔の皮脂が取り除かれた分、化粧水と乳液でしっかり保湿してあげましょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【美容×医学のブロガー】読者さんを美肌にする|偏差値70overの国立大学医学部|5年生|メンズ美容

資格
・Student Doctor
・日本化粧品検定3級
 (日本化粧品検定1級:5月受験予定)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる