【完全保存版】7つのメンズスキンケアの順番と使い方を徹底解説

ぽっぽ

メンズスキンケアの正しい順番と使い方が知りたい…。

今回は、こんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 【全7種】メンズスキンケアの正しい順番と使い方
  • メンズスキンケア初心者がそろえるべき3つのアイテム

この記事を書く僕は、現役医学生。2023年には医師国家試験を受験予定です。

本記事の執筆者

本記事の執筆者
ぽっぽ(@poppo_med)

メンズスキンケアは、基本的には女性のスキンケアと同じ順番です。

とはいえ、髭剃りの有無などいくつか女性と違う点があるので、注意が必要です。

そこで今回は、スキンケアの正しい順番を男性向けに徹底解説したうえで、初心者が最低限そろえるべきアイテムについても紹介していきます!

目次

【全7種】メンズスキンケアの正しい順番と使い方

【全7種】メンズスキンケアの正しい順番と使い方

メンズスキンケアは、以下の7つで構成されています。

メンズスキンケアの手順

  1. クレンジング
  2. 洗顔・髭剃り
  3. 化粧水
  4. 美容液・パック
  5. 乳液
  6. クリーム
  7. 日焼け止め

とはいえ、これら全てをやる必要はありません。

初心者は、「洗顔・保湿・日焼け止め」の3つをすればOKです。

以下で、一つずつ使い方をチェックしていきます。

ぽっぽ

まずは基本を頭に入れ、必要なものだけを取り入れてみてください!

順番①クレンジング

順番①クレンジング

クレンジングは、油性成分を落とすためのアイテムです。

クレンジングが必要な人は、以下のような人です。

  • メイクをする人
  • ウォータープルーフの日焼け止めを使っている人

これ以外の人は、クレンジングは必要ありません。

肌に負担の大きいケアなので、注意して行いましょう。

クレンジングの使い方

  1. ポイントメイクを落とす
  2. 皮脂が多い場所から順につける
  3. 少量の水で乳化させる
  4. 短時間で洗い流す

詳しくは「男性もクレンジングは必要?するべき人と使い方について解説!」で確認し、肌に負担の少ないやり方をチェックしておいてください。

順番②洗顔・髭剃り

順番②洗顔・髭剃り

洗顔・髭剃りは全ての男性が行うスキンケアでしょう。

どちらを先に行うかは、「髭剃りと洗顔の順番を決めるたった1つのポイント【肌を傷つけないために】」を読んでいただけたらと思います。

洗顔のやり方

  1. 手を洗う
  2. ネットを濡らし、洗顔料をつける
  3. ネットを動かし、泡立てる
  4. 泡を顔にのせ、手が肌にふれないように洗う
  5. 短時間で洗い流す

基本を押さえて毎日実践していけば、肌荒れの少ないキレイな肌を作ることができるでしょう。

順番③化粧水

順番③化粧水

洗顔が終わったら、すぐに保湿をしないといけません。

保湿用品は主に以下の3つ。

  • 化粧水
  • 乳液
  • クリーム

化粧水で水分を補給し、乳液やクリームで油分の膜を作って蒸発を防ぎます。

化粧水の使い方

  1. 適量手に取る
  2. 手を顔に密着させ、じんわりと浸透させる

なお、手でつけるやり方とコットンを使うやり方がありますが、僕は手でつけることをおすすめしています。

詳しくは、「【コットンvs手】化粧水のつけ方のメリット・デメリット徹底比較」を参照してください。

順番④美容液・パック

順番④美容液・パック

美容液・パックはスキンケアに慣れてきたら使ってみましょう。

美容液は商品によって美白・保湿・ニキビケアなど様々な効果を持ち、使うタイミングによって以下の3つに分けられます。

美容液の分類

  1. 化粧水の前
  2. 化粧水と乳液の間
  3. スキンケアの最後

中でも、「②化粧水と乳液の間」に使われるものが多いです。

詳しい種類は「美容液の種類を3つの観点から分類!効果と選び方のコツを解説!」で解説しているので、自分に合う美容液を選ぶ参考にしてください。

基本的な使い方は化粧水と同じです。

ぽっぽ

気になるところには重ね付けして、通常のスキンケアにプラスアルファの効果を狙っていきましょう!

なお、化粧水をより浸透させるために、パックが使われます。

「化粧水と美容液の間」に使われるものが多いです。

場合によっては「美容液の後」に使われることもあるので、パッケージをよく見て対応していきましょう。

順番⑤乳液

順番⑤乳液

化粧水の水分を蒸発させないために、乳液が使われます。

乳液は化粧水よりも油分が多めです。

化粧水を塗り、1分ほど待ってから使用します。

化粧水が浸透するのに1分ほどかかるからですね。

乳液の使い方

  1. 適量手に取る
  2. 顔全体に伸ばし、手のひらでなじませる
  3. 気になるところには重ね付けする

目元やほっぺたなど、乾燥しやすいところには重ね付けしていきましょう!

順番⑥クリーム

順番⑥クリーム

乳液よりもさらに油分が多いのがクリームです。

基本的には、乳液とクリームはどちらか一方だけでOKです。

ニキビがでやすくなるので、ひどい乾燥肌の方や冬場以外は、両方使うのは避けましょう!

クリームの使い方

  1. 額・鼻・両頬・あごの5点にクリームをのせる
  2. 全体にのばす

ムラなく全体に伸ばすのがポイントです。

なお、伸びが良くないため、ついこするように塗ってしまいます。

ぽっぽ

肌を摩擦しないように注意です!

順番⑦日焼け止め

順番⑦日焼け止め

シミ・シワ・たるみの原因となる紫外線。

ぽっぽ

紫外線は一年中降り注いでいるため、夏だけでなく毎日塗る必要があります。

外出する日は必ず塗るのが理想ですが、「【対策必須】日焼け止めはいつから塗ればいいのか医学生が解説」をチェックし、紫外線対策を始める時期について知っておきましょう。

普段使いの日焼け止めを選ぶポイントは3つ。

  1. SPF30前後
  2. せっけんで落ちる
  3. ノンコメドジェニック処方

SPF30前後のものだと、落とすのが簡単です。

というのも、SPF50くらいのものは、クレンジングを使わないと肌に残ってしまうことが多いからです。

パッケージに「せっけんで落ちる」「クレンジング不要」と書いてあるかどうかチェックしてください。

なお、ノンコメドジェニック処方と書いてあるものは、ニキビができにくい商品です。

ぽっぽ

この3つに注目して日焼け止めを選んでみてくださいね!

メンズスキンケア初心者がそろえるべき3つのアイテム

メンズスキンケア初心者がそろえるべき3つのアイテム

スキンケア用品の順番と使い方を7つ紹介してきました。

とはいえ、全て使わなくても大丈夫。

スキンケア初心者が最低限そろえなければいけないのは、以下の3つです。

  1. 洗顔料
  2. 化粧水&乳液
  3. 日焼け止め

洗顔料で皮脂を落とし、化粧水と乳液で保湿をする。

初心者におすすめの商品は、「【厳選】スキンケア初心者が美肌を作るために必須な5つの知識」で紹介しています。サクッとスキンケアの準備を整えてしまいましょう。

ぽっぽ

後は、外出するときに日焼け止めを塗ればカンペキです!

まとめ:メンズスキンケアの順番は基本を押さえてアレンジしていこう!

まとめ:メンズスキンケアの順番は基本を押さえてアレンジしていこう!

今回は、メンズスキンケア用品の順番と使い方について解説しました。

メンズスキンケアの手順

  1. クレンジング
  2. 洗顔・髭剃り
  3. 化粧水
  4. 美容液・パック
  5. 乳液
  6. クリーム
  7. 日焼け止め

まずは「洗顔・保湿・日焼け止め」の3つを行い、慣れてきたら他のスキンケアにも挑戦してみましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

【美容×医学のブロガー】読者さんを美肌にする|偏差値70overの国立大学医学部|5年生|メンズ美容

資格
・Student Doctor
・日本化粧品検定3級
 (日本化粧品検定1級:5月受験予定)

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる